いただいたコメント
京都へ! by 塩谷香織 (11/29)
京都へ! by かんちゃん (11/15)
静岡市葵区 瑞龍寺 by 塩谷香織 (11/05)
韓国 仁川 アジア大会 by 塩谷香織 (11/05)
静岡市葵区 瑞龍寺 by ゆうゆ (10/28)
新着記事

2013年10月31日

お茶の逸品会 〜茶市場にて〜

DSC_0638.jpg

先日、静岡茶市場にて【逸品お茶会】が開催されました。

日本茶インストラクター・アドバイザー・一般消費者さんが普段は入れない静岡茶市場に

来ていただき県内21社ご自慢のお茶を紹介&販売させていただくイベント。

今回初の試みでしたが、みなさん各店舗へ足を運ばずともここでお好きなお茶のテイスティング

をしながら気に入っていただければ購入も可能!とあって多くの方にお越しいただきました。

弊社もこのようなイベントには初参加でしたが、ひたすらお茶を入れ飲んでいただき

少しでも静岡の特徴あるお茶の呈茶をさせていただき資格取得の皆様からも感想をいただく

良い機会でした。 第一回目ですので今後もう少し一般の皆様にもPRをしていただく

課題は残りましたし、会社としてももう少し趣向が欲しかったように思いますが

とても楽しい時間を過ごすことができました。

唯一の心残りは・・・気忙しく動くのみだったため他の農園、店舗さんのお茶が

飲めずじまいだったことです。 次回はもう少し余裕を持って参加したいと思います。

たくさんのご来場、ありがとうございました!
posted by 塩谷香織 at 10:27| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

忙しかったです

曇り空続きの静岡です。

でも雨が続くごとに暖かくなってくるのを感じています。



先週末、静岡茶市場でお茶の鑑定大会が行われました。

【日本茶インストラクター・アドバイザー茶審査技術大会】

競技は・・・

@荒茶外観による生産茶期判定
 荒茶を見て生産地を当てていく

A仕上茶浸出による茶の品種判定
 熱湯で煎出したお茶の香りで品種を当てていく

B仕上茶外観による生産地判定
 仕上茶を見て生産地を当てていく

C仕上茶浸出液服用による生産地判定
 それぞれ同じ分量、温度、浸出時間でのみ比べて当てていく

見たり、さわったり、飲んだりしてお茶の生産地や品種を当てていく

競技大会です。

スタッフで応募しましたがなぜか選手となり、でもやるからには

自分がどれだけの嗅覚と判断ができるかを試してみたかった!

というのもありますが、青年団さんが行う闘茶会のようなもの。

結果から言うとプレッシャー負けでしたたらーっ(汗)

本番には強いのですが、プレッシャーにはとことん弱い2

全国からではないものの各県からの希望者70名、そして大勢のスタッフ。

たぶんインストラクター試験以来の大きな大会です。

茶業従事、とはいえ新茶時期以外は一番茶〜三番茶まで見て判断できる程

お茶は見ていないためサッパリわかりません。

品種も特徴をつかめるほど飲んだこともなく、飲み比べをするほど飲んでいない。

茶業者有利!という事ではなく、それぞれ勉強をして臨む大会です。

40点満点のうち、静岡参加組が37点の好成績で優勝ぴかぴか(新しい)

3問しか間違っていないという事に驚かされます。

私にとっては初めてのチャレンジ、あれだけの難しい問題のうち3問しか

間違わない優勝者はぴかぴか(新しい)神の存在ぴかぴか(新しい)です!



先週は毎朝工場で黙々と品種鑑定の練習でした。

人それぞれで熱湯でしっかりわかる人、冷めてからわかる人、飲んでわかる人が

いますが私の場合、練習では浸出液が冷めるとほぼ満点!

ですが、熱湯は苦手です。鼻の粘膜がやけどするくらい0

審査時間は5分、無理ですもうやだ〜(悲しい顔) 8分ならイケたんですがたらーっ(汗)

さんざんな成績に久しぶりに凹みましたが、いい経験と緊張感。

インストラクターとしてただイベントにスタッフとして入るだけでなく

こうした刺激があることで己の実力を知るとともに向上していかなければ

ならないとあらためて感じた大会でした。 反省、反省バッド(下向き矢印)


懇親会は爆音戦隊スンプレンジャーライブで盛り上がりました!!

暑い照明の下、アンコールにも応えてくれてありがとう!!

お久しぶりだったブラックさん、汗だくの中お疲れさまでした!

そして静岡インストラクター協会のスタッフさん、素晴らしい大会でした。

お疲れ様でしたexclamation×2
posted by 塩谷香織 at 16:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

T-1グランプリ大会 in 静岡 A

全国で行われている大会、と書きましたT−1グランプリ大会。

昨年4月に開催予定だった宮城県、でも予期せぬ震災に中止に。

でも2012年「宮城県T−1グランプリ大会開催!」と実行委員会が

頑張ってくれているようですexclamation×2

ぜひ宮城にお茶パワーを!という事で静岡市も横断幕で宮城のお茶好きさんへ

メッセージexclamation×2

お話を持ってきていただいた団長さんありがとう手(チョキ)


最初はT−1キャラクターだけだった真っ白い布。

MAKU2.JPG


子供達が近づき、父兄が書き込みだんだん増えていきます。

P1040027.JPG

MAKU1.JPG

最後にスタッフたちが書き込みで完成手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)

静岡らしく富士山もあり、茶畑もあり、急須に湯飲み・・・。

ひとつ一つ、読ませていただきましたがただの一言ではなく

心温まる言葉ばかりぴかぴか(新しい)

宮城大会では会場に張っていただけるとの事です。

楽しみるんるん

何より今年の大イベントが終了し、無事肩の荷がひとつ下りました。
posted by 塩谷香織 at 15:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

T-1グランプリ大会 in 静岡 @

約10ヶ月あたためてきたイベント『T−1グランプリ大会』

無事終わりましたexclamation×2

T−1グランプリ大会はお茶をまるごと勉強してもらう競技です。


多くの子供達、ご父兄に参加していただき人数は昨年ほどでは

ありませんでしたが、このインフルエンザ大流行の中、体調を整え

当日まで風邪をひかずにきた子供達、ご留意いただいたご父兄の皆様

感謝!感謝!でした。

会場内でもマスクをし、常に体調管理に気を配りこの大会のため

だけでなく普段からも気をつけている様子。

今年もまた会場入り前にアルコール消毒とベニフウキでのうがい。

UGAI.JPG


茶レンジ@・・・お茶の歴史、栽培、製造、成分などの問題

茶レンジA・・・お茶の種類当てクイズ

茶レンジB・・・お茶の入れ方

上記3つの集計し決勝を行い上位者にはT−1博士の称号が

与えられます。


茶レンジAのお茶当てクイズの様子↓
香りと形で10種類あるうちの8種類を見極めていきます。
P1040020.JPG

茶レンジBの入れ方↓
子供達、真剣にお茶を入れています。 慣れた手つきで入れていく
子供達に驚きました!
P1040015.JPG


そして決勝戦↓
P1040038.JPG


今年の大会、どの子達も真剣に取り組んでくれていて成績も平均点が

かなり高かったことに驚きました。

これだけ子供達がお茶と向き合ってくれている姿をみるだけで茶業者には

胸に来るものがあるはずです。

だからこそ今年の大会には茶業関係者にスタッフに多く入って欲しかったのです。

静岡の青年団長さんはじめ、団員さん、インストラクタースタッフさんと一緒に

一つのイベントを成功させたかった。

その夢がひとつ、叶った大会でもありましたかわいい


雨が降れば傘になり、風が吹けば壁になりしてくれた力強い青年団長さんと

影の番長の元青年団長さん、インストスタッフさん、皆さんに感謝!

来年もさらに良いものにしていくためにご協力、お願いします!

ありがとうございました。
posted by 塩谷香織 at 10:40| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

イベントでT−1告知!

週末、市内葵区の『葵スクエア』で静岡グルメ王国フェストが開催。

FOOD.JPG

土曜日は雨でお客さんもぱったりたらーっ(汗)

静岡市茶業青年団さんが冷茶のサービスをしていましたが、なにせ寒いダッシュ(走り出すさま)

それでも日曜日は晴れ時々曇り、冷茶が出る出るexclamation×2

通りすがりの人、ステージ観覧に来る人、みなさん必ず「お茶ください!」と

立ち止まったり飲んでいってくれます。

さすが!静岡!!と思う反面、これが消費につながればどれだけ嬉しいだろうと感じました。

お茶どころゆえに『お茶はどこでも飲める』という感覚のある静岡人。

自宅でも飲んでくれているのでしょうが、外出先ではペットボトルは購入するが

お店には立ち寄りづらい、スーパーでまとめて買うなどの消費者事情もあります。

必ず「美味しかったよ」と声をかけてくれることが嬉しいんですけどね・・・バッド(下向き矢印)



今回このイベントの特設会場でT−1グランプリ大会のPRをさせて頂きました。

静岡市茶業青年団の団長さんからいただいた30分枠です。

舞台でT−1を紹介exclamation&question  できれば誰かに放り投げたい!

・・・ところですが、一応T−1関係者という事で団長さんMCのおかげでうまく

ながれましてなんとか無事に終了!

しかし後から考えれば、わたし要らないんじゃないか?ってくらいMCお上手です。

お手伝いの団員さんとも脱帽!というか、圧倒???わーい(嬉しい顔)

相づち打つだけで精一杯の私バッド(下向き矢印)

あの場所でどれだけT−1グランプリ大会をPR出来たかはわかりませんが

とりあえずあちこちで声かけをしていきたいと思っています。

県内各地でも年内、来年と大会が行われますので小学校4〜6年生のお子様の

いらっしゃるご父兄の皆様、ぜひご参加ください!

静岡市は平成24年2月11日(土) 静岡市在住100名の応募です。
※100名を超えた場合は抽選といたします。

MAKARON.JPG
出店されているどこかのお店の方からいただいた銀座?のマカロンハートたち(複数ハート)

焼き肉と串焼き肉、ごちそうさまでした黒ハート わが家もお土産にしました!
posted by 塩谷香織 at 11:30| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

秋のお楽しみサロン

毎週金曜日、店頭で小さな小さなお茶の勉強をしています。

年齢層も若い方から年配の方々まで幅広く通って下さっています。

そしてありがたい事に、もう何年もずっと・・・。

お茶に興味をもって来て下さるだけでうれしいぴかぴか(新しい)

毎年同じことのくり返しの中に少しだけ違うものを加えると、

思ったより驚くものが出来上がることがあるため、考えることも

楽しみのひとつです。



その中で『自分がやりたいこと』を企画してお茶サロン限定イベントしてます。

不定期ですが、その時に出会えた方々の力をお借りしながらみなさんが知りたい

だろう、なにより自分が一番やりたい、知りたいが優先のイベント。

今回は秋、お茶が美味しくなる頃に季節を感じながら『茶道』です。

作法という見上げる壁を積み上げてきた本当の茶道を知らない私。

その壁をまず取り払わないことにはお茶の愉しみ方も変わらないかな?と。

不躾なお願いにもかかわらず、全部を受け入れていただいた黄檗弘風流さんの

お茶の勉強をする教場「静陵苑」で打合せ。

当然のことながら本格的なお茶のお部屋へは初めて!

立礼席で家元さん直々にお茶を点てていただきました。

女性が静々と点てるお茶も所作が美しいですが、やはり茶席は男性が似合います。

またお茶もとてもおいしくいただきましたわーい(嬉しい顔)

dou.png


貴重なお時間をいただきましたが、お話が脱線ばかりですみませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)

目からウロコばかりのお話に「打ち合わせ」のはずが私の質問ばかりで・・・たらーっ(汗)

定員めいっぱいをどこで調整しようか、悩むほどみなさん楽しみにしていただいています。

茶道を教わりに伺う、というより茶道とはなんたるか?をまず知っていただく良い機会。

インストラクターとして、茶業者としてではない違う「道」を知りたい!と気持ちに

賛同してくださったみなさん、ありがとうございます。

家元さん、藤紫さん、よろしくお願いします。
posted by 塩谷香織 at 14:58| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

驚きのお茶スイーツバースデー

昨日行われたホテルセンチュリー静岡での「お茶&スイーツ マルシェ」、多くの来場者で

賑わいました。 多く・・・とんでもなく多かったですダッシュ(走り出すさま)

12時から18時までの食べ放題、とありましたが実際には3つのタイムゾーンに分かれてました。

早めに出た伯母の機転で第2部に予約ができたのですが、これほど人気があると知らずたらーっ(汗)

お茶に・・・というよりやはりスイーツに人気があったのでしょう。

各ゾーン300名の来場者で900名分のスイーツの用意するのは大規模です。

そして呈茶コーナーも次から次へとお茶がなくなりお茶を用意するスタッフも湯沸かしのスタッフも

本当に忙しそうでしたが、今回はゆっくり食べさせてもらいました黒ハート

1時間1000杯のお茶が飲まれていたようです。 す、すごいあせあせ(飛び散る汗)

マカロン、どら焼き、シフォン、パウンドケーキ、ところてん、おまんじゅう、ラスク、ケーキ、

ロールケーキ、ワッフル、かりんとう、クッキーと『お菓子』となるもの全てにお茶が使われています。

当然飲み物が欲しくなるわけで各出展者たちもオリジナルの煎茶や紅茶、そしてどこでも力を入れて

いる花粉症に効果の高いベニフウキのお茶でみなさんのトレイやテーブルはお茶&スイーツでいっぱいexclamation

偶然会場でお会いしたma2iさん

一緒にスイーツをほおばりながらお茶とお菓子の祭典を堪能るんるん

取ってきたはいいもの、甘いスイーツはお腹にたまり子供へのお土産になったものもかわいい

今の茶業界、お茶だけではなくお茶に合うスイーツにも力を入れてきています。

どのお店もオリジナリティーあるお茶スイーツに刺激を受けながら、そして来場者の感想も耳ダンボ

になりながら行ってきました。

その日の夕食、自分がおなかいっぱいのため作る気にならなかったのは言うまでもありませんもうやだ〜(悲しい顔)

110227_135540.jpg

110227_141049.jpg
posted by 塩谷香織 at 08:00| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

静岡茶&Sweets マルシェ

静岡で有りそうでなかったお茶とスイーツのイベントが行われます。

2月27日(日)  ホテルセンチュリー静岡 5Fセンチュリールーム

入場料 : ¥1,000 スイーツ食べ放題 12時〜18時


  静岡茶に合うスイーツがホテルセンチュリー静岡に大集合。
  パリの一あのような色鮮やかなに飾る甘いスイーツと、地元が誇る静岡茶を
  ご堪能ください。



歩き方
入り口でお皿・フォーク・アンケート用紙を受け取って下さい。
スイーツはどれも食べ放題です。
静岡茶も無料で提供しております。
気に入ったスイーツ・お茶はその場で購入も出来ます。
お好きなスイーツを食べた後、出口でアンケートに答えていただくと抽選で
「ホテルセンチュリー 静岡デザートセット券」など素敵な景品を進呈します。

静岡茶PR
静岡茶といっても、いろいろあることをご存じですか?
また急須や入れ方によっても味が変化します。
静岡各地の静岡茶と静岡茶の時をより引き立てる茶器の展示・販売を致します。


スイーツ好きな方に限らず、お茶好きさんもあつまれ〜!!

メニューを見せていただきましたが名だたるお菓子メーカーさん、茶業者さんが

自慢の一品を出しているようです。

みなさんオリジナルのスイーツですので今から楽しみハートたち(複数ハート)

posted by 塩谷香織 at 11:47| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

T-1グランプリ静岡市大会 終了!

1月30日に行われましたT-1静岡市大会、全国規模で行われている大会ですが

ようやく静岡市大会が終了しました。

応募者98名、十分満足の人数でしたがこの頃から市内でもインフルエンザが

流行し出しましたが、84名の小学生が参加してくれました。

当日までご父兄含め子供さん達は風邪予防に留意してくださった事と感謝します。

市内各小学校からの参加だったため、これ以上の蔓延を防ぐため消毒とベニフウキでの

うがいを徹底させていただきました。


お茶のクイズから始まりお茶の種類当て、最後の難関である入れ方まで全員が素晴らしい

集中力で挑んでくれました。

無駄話もせず、一つ一つの問題に集中し、とくに入れ方では見事な所作で大人顔負けの

子供達。 見ているこちらが感心することばかりでした。

全体を見回す余裕がなく、茶レンジAとBを見せてもらいましたがお茶の香りを確かめ

さわり、解答していく子供達を見ながら『お茶もまだまだ捨てたもんじゃないぞわーい(嬉しい顔)』と

今後の茶業者の意欲となった事でしょう。

今回は茶業青年団さんにも参加していただき、お茶に対する子供達の真剣さを感じてもらえ

と思います。 入れ方では審査員である茶業者、インストラクター、青年団の目の前で入れる

緊張感があったにも関わらず練習してきた実力を見せてくれました。

またマスコミの注目度も高くテレビ3社、新聞3社とこちらがオドロキでした。

お茶の種類当てである茶レンジAの会場ではテレビ3社がごった返す場面もがく〜(落胆した顔)

あれだけ多くの報道が入ったお茶イベントは見たことがありませんでした。

静岡市大会は初めての参加、これで基盤は出来たと思っています。

今後、全国大会も視野に入れT−1関係者が各方面へPRに走っています。

昨年までは闘茶統括としてやらせていただきましたが、このT−1グランプリ大会も闘茶と

違った形でお茶と向き合い、勉強してくれる子供達をたくさん見ることができました。

ぜひ来年も同じ企画で静岡市が参加してほしいと思っています。

今年よりもさらに来年へよりお茶を知るいいイベントとして実現させていきたいと思います。

私を支えてくださったスタッフ、どうもありがとうかわいい

TAITORU.JPG
タイトル看板を見ると感慨深いものがあります。


MEZOROI.JPG
事前勉強会を設けインストラクター、茶商、青年団全員で審査の目あわせ。
目合わせ・・・一つの審査項目につける点数を全員が同じ判定が出来るようにすること


TYA2.JPG
茶レンジAの様子  真剣に茶葉を見ながら確認している子供達。
茶業者に見て欲しい光景です。


TYA3.JPG
事前にお急須を配り、家で練習をしてもらっているため急須の扱い方、入れ方などスムースに
できています。  私達目標のひとつ『茶葉で入れる』が実行され本当に嬉しい!


ZENIN.JPG
全員で記念撮影! この人数や笑顔を来年につなげていけるようにしなければ!
posted by 塩谷香織 at 10:35| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

T-1グランプリ大会 テキスト発送

1月30日に行われるT−1グランプリ大会 in 静岡大会へ多くのご応募いただきまして

ありがとうございました。

毎年行われていた闘茶大会とはまた少し違い、子供さんに勉強していただく形式のT−1。

きっと参加される子供さん達も楽しみと不安が半分半分かと思われますが大丈夫!

お茶がある生活が当たり前な静岡ですが、ちょっと掘り下げて勉強してもらうと意外に

知らなかった一面も出てくるはずです。



本日担当者たちで『テキストセット』を送らせていただきました。

1.2日のうちにお手元へ届くはず。テキストを見ながら同封のお急須で入れ方の勉強を

してみてください。

そして協賛くださったお茶屋さんへ足は運び、多くのお茶の知識を得てください。

スタッフ一同、当日を楽しみにしています。 



Oさん
近いうちに到着しますのでがんばってくださいね!!
そして当店へも遊びに来てください。 日にちがわかりましたら店内にいるように
しますので! 
posted by 塩谷香織 at 14:23| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

T-1グランプリ in 静岡市大会 再告知

来年1月30日(日)JA静岡本店(駿河区曲金)で行われる

T−1グランプリ大会 in 静岡市大会

今月末までが応募期間です。



応募資格 : 静岡市内に通う小学生4.5.6年生

参加費  : 無料

当 日  : 事前登録後、13時〜13時30分までに受け付けへ

申込先  : T−1グランプリ大会事務局  054-281-7026(FAX) 

お問合せ : 静岡市茶業振興協議会JA静岡市 茶指導課
         054-288-8468



応募用紙はお近くのお茶屋さんに置いてありますのでお早めにご応募くださいネるんるん

応募締め切り後、参加者にはお急須・練習茶・テキストを送付し、テキストを見ながら

またお茶屋さんで教えてもらいながら各自勉強をしてもらいます。

当日は茶レンジ@ お茶のクイズ
   茶レンジA お茶の種類当て  
   茶レンジB お茶の入れ方実技

で点数を決め、決勝戦を行い上位が決定します。

栄えある1位には任天堂 Wiiやトロフィー、そして現在副賞も検討中です。

当日参加するだけで送付した急須もプレゼントプレゼント

静岡市内の各小学校では総合学習として『お茶の入れ方教室』も行っていますので

そのまとめにこの大会に望んでいただいても十分上位入賞も夢じゃないハートたち(複数ハート)

宮崎県都城市の茶業青年団さん達が考案して全国に浸透しつつあり現在もより楽しい

大会になるよう全国各地からの資料を参考に多くの意見交換がされています。

今年よりも来年、来年よりも再来年とバージョンアップしていける大会にできれば、そして

静岡も来年以降も参加できれば、と思っていますがまずは今年の大会を成功させなければexclamation×2

多くのお茶ファンの小学生exclamation×2ご応募お待ちしております手(チョキ)


協力茶商の皆様、昨日は日中のお忙しい時間に説明会へ足を運んでいただき
ありがとうございました。
12月初旬、参加者へテキスト類を発送いたしますので早い段階で子供達が伺う予定です。
ご協力の程、よろしくお願いいたします。
posted by 塩谷香織 at 12:11| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

リクレーション大会 in 静岡

先週末から行われていたレクリエーション大会 in 静岡。 
市内等身大『ガンダム』横のグランシップ3Fにて『茶』が勢揃いです。

日本茶・韓国茶・中国茶・茶道の4ブースに分かれ、それぞれのおもてなしです。

日本茶はバーカウンタータイプの呈茶スタイル。

RE-1.jpg

正面からの画像をアップしてあげたい程の男前なインストラクター達が衣装もバーテンダー風

でかなりカッチョいいもの黒ハート

おばちゃま達がこぞって好みのお茶(好みの男性?)カウンターへつくと男前なバーテンダーが

お茶の話しをしながら、淹れ方のポイントをお話しながら淹れてくれます。

日本茶ブースはいつも人が多く、私たち中国茶ブースは前半ヒマでしたが終了間近になると1Fで

行われていた「スクエアダンス」のおばちゃま達が来られ、あっという間に満員御礼!

日本茶ブースはとくに・・・。

で、そのスクエアダンスのおばちゃま達の衣装がほんとかわゆくて思わず隠し撮り!

PB070174.jpg

あとから柄の下にはいているフワフワも見せてもらいました。

ワイヤー入りの繊維でジャバラのように織りまげボリュームを出しているのだそうです。

平均年齢65歳くらい、といった感じでしょうか。 上は70代真ん中くらいまででダンスステップなどを

覚えながらダンスするので「ボケ防止よ!」と笑ってましたがホントかわいい衣装とおばちゃま達。



そうそうこのすべてのお茶は無料です。 茶道ブースは市内でも有名な和菓子のお店のもの。

日本茶はこれ↓

MAKA.jpg

そう、マカロン。 しかも手作り!どこかのデパートで販売されていてもおかしくないくらいです。

抹茶やほうじ茶を練り込んだり、色鮮やかな本格的なマカロンです。

マカロンは作り方が面倒なうえにこうしてお出しするには割れていたり、不格好では出せない。

抹茶をいただいた私、お茶の香りもフワッと香る美味しいマカロンでしたるんるん

中国茶ブースがヒマになると韓国、茶道、日本茶ブースへ行き、一日ずっとお茶三昧手(チョキ)

お茶まつりに続き、多くのお茶ファンがいることに驚いた一日でした。
posted by 塩谷香織 at 20:36| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

世界お茶まつり 〜食事とスイーツ〜

世界お茶まつりラストはやはり食べ物。 どれも美味しかったことは言うまでもありません。

今度は食事とスイーツ、ほぼ一日いるとどこかで何かを食べなければなりません。

外の芝生広場でもご当地ものがあったりしましたが雨だったり、タイミングを逃したり

持ち込んでも食べる場所がなかったりで結局、グランシップ内で食べるのですが

楽しみの一つは「お茶美さん会」のブースのお茶と限定スイーツ。

スタッフさんにご挨拶をかねて本当に久しぶりの方々ともお会いできたりで

とてもありがたかったです。

洋菓子は「キルフェボン」の季節のフルーツタルト
cake-1.JPG


そしてもうひとつ、さつまいものタルト 黒糖風味
cake 2.JPG


そして和菓子は京都「末富」が数種類。  撮っている間がなく、食べられていた。

普段キルフェボンなんて子供の誕生日でも食べたことがないのですが、この時ばかりは奮発!

でも開場10時にはすでに並び、キルフェボンは30分ほどで完売です。

父達が来た際に並び、なんとか私だけゲット! 申し訳ないが、お嫁ちゃんは末富でケーキは

半分こしました。 父達には末富の和菓子の方が良かったようです。



そして意外に知られていないグランシップ内のカフェ&レストラン、確かに探しづらい・・・・。

外からだと入りやすいのですが。

本当はレストランでゆっくりしたかったのですが、なにせ時間に余裕がなくランチタイム過ぎにもいつも

人がいっぱい! 1日目は先輩と、2日目はカフェで偶然注文する直前の先輩に声をかけられ同席。

3日目は一人でぼけ〜とランチ。

sand.jpg

101031_133523.JPG


どれもお茶まつり限定メニューです。 サンドイッチ、ベーグル、フォカッチャ(写真なし)、

サラダにも蒸したお茶の葉が使われています。 葉は言われないとわからないと思いますが。

レストランの方ではコースでのお茶づくしメニューです。 

ランチタイムにはほとんど食べられないので時間をずらしても混雑、ひっそりとした場所に

ありながら知る人ぞ知るランチメニュー! これが毎日の楽しみだったような・・・。

無事に終わったようでこれでまた一つイベントが終わり!

まだいくつかイベントがありますので今週はいっぱい!いっぱいですもうやだ〜(悲しい顔)
posted by 塩谷香織 at 13:39| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

世界お茶まつり 〜ホールでは・・・〜

イベントが終わるたびに毎回同じ事のくり返し・・・メールがドッサリ!

ご注文いただくメールは別箱なので毎日チェックする者がいますが、私宛のものが普段から

こんなに?というくらいドッサリ!

昨日も午前中に処理したはずがその返信をいただき、さらに増えているたらーっ(汗)

お茶まつりでお会いした方々からメールをいただいたり、普段会えないインスト仲間からや

友達まであちこちからメールをいただき返信がようやく終わりました。

まだ今月半ばにやらせていただく小学校の入れ方教室の書類、世界お茶まつりのお茶スイーツ等は

お持ち帰り仕事です。

その前にお茶まつりの続きです。

静岡グランシップ会場へ入ると真正面のエスカレーター横にも舞台が作られ様々イベントが。

gaiwan.JPG

honnsen.JPG

入られたお客様はここでイベントが行われているとまず足を止めていただいていました。

多くの観客の中、ここを何回往復したことか・・・もうやだ〜(悲しい顔)

でもその都度、雨・風の中このグランシップまで来ていただいたことがよくわかり嬉しいものでした。
posted by 塩谷香織 at 14:39| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

お茶イベント多し!

「お茶でもいれようか!」なんて声が聞こえて来そうな秋です。
お天気に恵まれてない週末のようですが、そろそろ温かいお茶に切り替えてみてはいかがでしょ?

今月末から世界お茶まつりが行われます。
珍しく、何の予定もいれていないお茶まつり。
開催年はいつも何かしらのブースのお手伝いでしたが、今年はお客さんとして
見たいと思います。

お茶イベントが多い中新しい試みが(社団)静岡茶業会議所主催で行われます。
O-CHA黒ハートボーイズ&ガールズが事業名。
小学校高学年対象に未来の静岡茶ファンになってもらうために、静岡県のお茶の歴史や生産、成分の機能や健康効果など幅広い学習をしていもらうとともに、お茶の入れ方の体験・取得をしてもらうのが目的。
そこでさらに深く掘り下げてお茶を知ろう!が今回の試み。

どこまでできるかわかりませんが、子供達の好奇心に応えられるよう自分もあらためて
工場で勉強です。
小学校から貴重な2時間をいただけるので講師5名、やる気満々手(チョキ)
その第一校のお手伝いをさせていただく事になり、私の担当は『栽培・製造』です。
でも幅広い分野ですので、高学年にもわかりやすくかみ砕いていきたいと思っています。
静岡市清水区のこの小学校、生徒さんが茶摘みをし、お茶を入れる等の勉強をしている
ようでウレシイ限りグッド(上向き矢印)

そんな生徒さんの様子はまた後日・・・ダッシュ(走り出すさま)

で、途中にある「やぶきた茶」の原樹です。

genjyu.JPG

全国で飲まれているお茶のほとんどがこの「やぶきた」品種です。
今ではずいぶん大きくなり、剪定もされているようですがやはり老木なのか花や実が
多く目立ちます。
お茶好きさん以外にはあまり知られていないのかもしれませんが、近くまで行かれた方は
ぜひ一度、見て欲しいと思います。
posted by 塩谷香織 at 14:31| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

世界お茶まつり2010

朝晩の風が秋めいてきていますが、日中の陽射しは肌に差し込みます。
暑さもそろそろ落ち着いてほしいものです。


秋が近づきますと心中「お茶さわぎ」がします・・・って私だけですかバッド(下向き矢印)
日中こそマイボトルで冷茶ですが、夕食時は少し冷茶よりあたたかめのお茶が飲みたくなります。
秋の涼しさを感じ出す頃、静岡市内でもお茶のイベントが始まり出します。
そして今年は『世界お茶まつり』も開催されます。

平成22年10月28日(木曜日)〜10月31日(日曜日) 4日間

静岡県コンベンションアーツセンター “グランシップ”ほか

県外の方からの注目度も高く、今年はいつも中国でお世話になる『中国国際茶文化研究会常務副会長 徐鴻道先生』の聴講もあります(通訳付き)


お茶サロンに来てくださり、コメントをいただく黄檗弘風流の藤紫さんもお点前をされます。
“お茶会はちょっと・・・”と思われている方もお気楽にどうぞるんるん
敷居の高そうなお茶会ですが、藤紫さんの黄檗弘風流ではあまり堅苦しくない作法で丁寧に
教えてくださいます。
お家元さんも気さくな方でご夫婦ともに作法だけに拘らず、肩肘張らないお茶会をされています。
・・・て私がまず行きなさい!なんですけどたらーっ(汗)
徐鴻道先生の聴講へ行きながらぜひお茶会にも足を運びたいと思います。

県外からもぜひ! 日本だけに限らずまさしく“世界のお茶”が集まる大規模なTEA WORLDです。
posted by 塩谷香織 at 15:13| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

〜CHA〜

今日は仕事仲間たちと一緒に渋谷のオーチャード・ホールへこちらを観に行ってきました。

100822_205719.jpg

チャイニーズ・スーパー・エンタテイメント 「茶」

師匠がチケットを手配、仕事仲間みんなで行くことができましたかわいい

それぞれのテーマに沿った「茶」をアクロバティックに表現するショーです。

すべての場面に「茶」があり衣装や茶芸・人間大の中国茶器を添えながらの

雑伎がくり広げられます。

席は最前列ハートたち(複数ハート)

自分の頭の上にお尻を乗せるってどうなってるの?

え〜っと足がここだから頭はどうなってるの?などなど。

そして女性を軽々と持ち上げる、乗せる、まわす、転がすと重さをまったく感じさせない

ショーに息つくヒマなく圧倒された2時間でした。

最後の方になると人間の頭の上に人間が乗っていることに違和感がまるでなくなります。

飛ぶ、跳ねる、浮く・・・と次から次へと展開されるショーには海外からも

注目されているようで多くの観光客もみられました。

一茶一坐で飲茶し、ショーを観て中国茶店へ行き、目の保養をして戻りました。

100822_115502.jpg
一茶一坐 飲茶ランチ

疲れたけれど師匠企画のイベントはいつも楽しくワイワイガヤガヤのいい時間です。

貴重なチケットを取っていただいた師匠に感謝!!
posted by 塩谷香織 at 21:36| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

T1-グランプリ IN 静岡を目指して

まだ正式発表されていませんが・・・・


来年の1月30日にJA静岡市(静岡市葵区曲金)にて

「T1-グランプリ IN  静岡」  が行われます。

あれ?言っちゃダメだったかな。統括の権限でいいよねもうやだ〜(悲しい顔)


昨年までは「闘茶選手権大会」が行われていましたが今年はない、代わりに

小学生4年、5年、6年生対象に「T1ーグランプリ」が行われます。

茶レンジ@、A、Bの審査をし上級者には「T1博士認定書」が贈呈されます。

また優勝者にはナ、ナントWiiをプレゼントexclamation×2

募集はまだ先の「広報しずおか 静岡気分」でお知らせがあります。

また小学校のお茶の入れ方教室などで告知がありますのでお楽しみにexclamation×2
訂正)小学校経由で一斉配送されるようです。
   静岡市内全員分はありませんがクラスでコピーしてもらうようです


今日はその菊川大会があり、見学させてもらいました。

P1020153.jpg

菊川の募集人数は50名です。ちなみに静岡は100名です。

詳細は募集要項をご覧ください。

多くのご応募、お待ちしております。


・・・・・って、まだ先のお話ですのでもうしばらくお待ちくださいね!
posted by 塩谷香織 at 21:44| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

これからのイベント

長くぐずついていた雨もようやく上がり、気持ちの良いお天気日よりとなりました。
フィギュアスケートの高橋大輔選手の滑りを見ながら家事・洗濯をし、朝食のしたく・・・と慌ただしい朝でした。
久しぶりの晴れ間ですから有効に使わねば!です。

さて、あたたかい太陽を浴び新茶の芽も動き始めてきたようです。
年末より冬眠に入るお茶の木は新芽が均等に吹き出すようにと刈り込まれます。
新しい枝を出し、根から吸収された栄養源をもとに新芽を出す準備をします。市街地よりも気温が低い山間地でもその様子が見られるようです。
前日までの雨とこの陽射しのあたたかさも手伝い、良いお茶が出来そうです。


新茶シーズンに合わせて静岡ではイベントも多くなります。
そんな一部をご紹介します。


4月29日 「お茶づくし体験教室」
   開催場所:(有)ネクト(静岡市葵区新間)   
   詳細はわかり次第お知らせ

5月1日(土)〜5日(水)「美術館でお茶」(静岡市立芹沢_介美術館)
   開催場所:〒422−8033  
        静岡市駿河区登呂5-10-5  
        静岡市立芹沢_介美術館

   時  間:10:00〜16:00
   
 美術館を訪れるお客様に呈茶のサービス(無料)を行います。
 自慢の坪庭の見える休憩室にて新茶(本山茶)のサービスを行います。
 お茶と美術を楽しみ憩いの空間を体験していただきます。

                                     



毎年行われるものや趣向をかえてのイベントなども徐々に決まりつつあります。 詳細がわかり次第、お知らせいたします。


また昨年統括をさせていただきました「闘茶キング選手権大会」は今年度からは小学校の高学年対象の「T−1グランプリ静岡大会」となります。

昨年度は100名を越す応募があり多くの小学生のみなさんにご参加いたさきました。
今年度のT−1グランプリはお茶の知識、茶種当て、入れ方等々を競い合う全国区を狙った大会となります。
昨年に引き続き統括をさせていただく事となり、体制を整えているところです。
単なるひとつのお茶の大会にならないように、静岡らしい、お茶どころらしいT−1グランプリになるよう頑張っていきたいと思っていますのでどうぞお楽しみにexclamation


追記:「春のお茶づくし体験」詳細
posted by 塩谷香織 at 12:51| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

紅葉山庭園でのお茶紀行

日にちがずいぶんと過ぎてしまいましたが、静岡市中心にある駿府公園内、紅葉山庭園で「静岡市お茶紀行」が行われました。

藁科川ブース・安倍川ブース・清水ブース・まちこブースがあり、各生産者がチーフとなり、産地の流れを組むしきたり・習わし・風土をあつらえながら飾り付けがされています。
画像が小さく少し見にくいのですがそれぞれが精一杯のおもてなしの気持ちを小さな空間に表しています。

1.JPG  2.JPG

3.JPG  4.JPG

そして時間の合間を見つけて飲んだ清水ブース。

5.JPG

生産者だからこそ知る知識やこのお茶を作るための話などを伺いながら飲むお茶には生産者の気持ちがとてもこもっています。
美味しかったです黒ハート

唯一、ここだけしか飲めなかった事が残念たらーっ(汗)

ほぼ毎年同じ時期に行われるため、このイベントを楽しみに来て下さる方々も多く、誘導係の私にもゆったりされたお客様のうれしそうな笑顔が見られ、毎年充実感の味わえるイベントのひとつでもあります。

統括さん・各チーフさん・スタッフ全員、きっと気持ちが一緒だったはず。
この結束力をとりまとめる統括さんのご苦労が伝わります。
だからこそ、私たちスタッフも持ち場の責任を十分に理解しその日一日を過ごせたイベントでもありました。

また来年もこの紅葉山庭園でぜひ、やらせていただきたいと思います。
posted by 塩谷香織 at 13:01| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本茶イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする