いただいたコメント
京都へ! by 塩谷香織 (11/29)
京都へ! by かんちゃん (11/15)
静岡市葵区 瑞龍寺 by 塩谷香織 (11/05)
韓国 仁川 アジア大会 by 塩谷香織 (11/05)
静岡市葵区 瑞龍寺 by ゆうゆ (10/28)
新着記事

2010年02月03日

とらとシマシマ

新茶のカタログがそろい始めました。

「もうexclamation&question

と思われるかもしれませんが、もうなんです。
あらかた会議をし、決めてあるため他に何かいいものがないかと探しながら発注をしてきました。
まだパッケージが決まったにすぎません。 これから5月はじめに送らせていただくDMの準備もあります。
まだまだ新茶準備が続きます。


そんな帰り道、せっかくここまで来たのだからと思い岡部の大旅籠柏屋さん内にある和風レストラン 一祥庵さんでひとりランチレストラン

本日のランチ
DVC00033.JPG

お蕎麦はじめ松花堂弁当・季節の小鉢定食などおいしいメニューが盛りだくさん黒ハート
そこ、ここに女将さんの心あたたまる小物もいっぱいるんるん
なかなかいつも行かれる距離でないため、たまにはいいっか手(チョキ)

一祥庵さんでは月に一度の蔵のコンサートや一環張り・編み物カフェなどのイベントがあります。
手軽な料金でオトクなイベントに参加できます。

その中でも入り口横にこじんまりと置かれた器たち。
作家さんの物ですが、本当にこの価格でいいのexclamation&questionくらいのお値段でいいものがあります。
毎回、一祥庵さんへ来る楽しみのひとつにもなっていますし、お茶サロンでも大活躍の器たち。
大鉢・小鉢・小皿・茶碗などさまざまな形や色をしていてどれもこれもドンピシャの好みです。

今回のメインの器はこちら↓


今年の干支、「とら」皿です。来年はどうするかってexclamation&question
とりあえず、何も考えずに購入ダッシュ(走り出すさま)
100203_214311.jpg


お気に入りはこれ↓
100203_212641.jpg

画像は夜携帯カメラで撮ったため、色合いがあまりキレイに出ませんが黒とグレーのシマシマ模様。
お刺身も良し、和菓子も良し、煮物も良し何でもござれの器。
これは今月の和菓子皿になりますハートたち(複数ハート)

この黒の映える器に○○○の和菓子なんか乗せたらいいだろうなぁ・・・揺れるハートとひとり妄想たらーっ(汗)

使う日を楽しみに大切に保管しますぴかぴか(新しい)
posted by 塩谷香織 at 22:25| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 好きな器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

成田さんの露茶器

「工房あさひな」でおなじみの成田尚さんに玉露を楽しむためのつゆ茶器の湯冷まし:塩谷バージョンをお願いしておきました。
本来の露茶器セットはコチラ

茶葉はもちろん淹れたお茶の色も邪魔しない、このやさしい青のような緑のような色がお気に入りハートたち(複数ハート)
でもお茶だけで使うのはもったいないexclamationと思い、日常の器としても利用したくて少し大きめに、そして持ちやすいようにとつくっていただいた冷ましです。

samasi.JPG
飾っておくより使ってこその器、小鉢としてまたタレ入れとしても使っていきたいと思っています。
陶芸作家さんにお願いする!なんておこがましいと思っていましたが快くひき受けてくださった成田さんに感謝ですexclamation

そして成田さんのお宅のネコちゃんです猫
neko.JPG

この子、お話している間お座布団の上でずっと寝ています眠い(睡眠)眠い(睡眠)
ときどきお昼寝の邪魔をしてさわってもちょこっと動いてまたすぐに寝るexclamation
そしてこの寝姿・・・成田さんのお子さんと一緒に寝起きしているため、自分が<ネコ>という自覚がないそうです。
まるで人間のように伸びをして、人間のような寝姿なのです。
かわいい〜ハートたち(複数ハート)

工房あさひな  成田 尚さん  
住所: 〒421-1101  静岡県藤枝市岡部町玉取217−1

TEL: 054−668−0408  FAX: 054−668−0072

展示会などのお知らせはまたさせていただきます。


posted by 塩谷香織 at 13:02| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 好きな器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

楽しみにしていたお急須

ochaプランナーとして、静岡県を中心に活動されている相川香さん主催の「常滑お急須プロデュースツアー」が11月に行われました。
愛知県の常滑市の若き窯元さんのところで好みのお急須を作りましょうexclamationという企画です。

誘っていただいたのですが当日は「闘茶大会」だったので行かれませんでしたが、お急須だけお願いしちゃいましたハートたち(複数ハート)
希望する形や色・土選びだけお伝えしたのですが、口の形や注ぎ口の具合、高台、フタ・取っ手などなど他にもこちらの希望に全て応えていただけるとの事でした。
とにかく依頼主がプロデュースし直しを加えながらつくっていただけるということで相川さんのアイデアもつけ加えていただきながら発注黒ハート

そのお急須が先週末、出来上がったとのことで持ってきてくれたのです。

katati.JPG

どうでしょうか? 
わたしの希望は「土もの風」「容量多め」「高さのあるもの」でした。
もうイメージ通りexclamation わたしの好みそのままのお急須が出来上がりましたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)
今年一年のご褒美ですプレゼント

相川さんのアドバイスもあったフタ。
フタはうすく、少し反っている感じ。
kyuusu futa.JPG

注ぎ口もキレがいいようにと細めです。
sosogi.JPG

お正月、親戚一同我が家へ集まり新年会の予定ですので体のあたたまる「ほうじ茎茶」でも淹れたいと思います。
posted by 塩谷香織 at 08:57| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 好きな器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

お土産と茶会用に・・・

家族旅行をしていた弟夫婦が帰宅し、テレビ電話で選んだ『琉球ガラス』のグラスが到着ぴかぴか(新しい)
あまりはっきりわからなかったグラスの色でしたが、想像通りの色合いで大満足わーい(嬉しい顔)

gurasu.JPG

このボコボコ感と鮮やかなグリーンが飲み物をおいしくしてくれそう・・・ー(長音記号1)
でもお酒が飲めない私、このグラスでいったい何を飲むのでしょうダッシュ(走り出すさま)
ダンナさんにも「こんなにグラスばっかあってどうすんのちっ(怒った顔)と言われ、以前自分への誕生日プレゼントに購入したバカラのグラスでコーラを飲んでいたら「バカラに失礼だちっ(怒った顔)と言われましたたらーっ(汗)
あ〜気にしないexclamation そんなの全然気にしない〜わーい(嬉しい顔)

他にもオリオンビールなどもおみやげにもらっちゃいましたるんるん
沖縄かぁ・・・学生時代修学旅行で行きましたが、高い湿度と気温が苦手でたらーっ(汗)

・・・と言いつつ、11月末には国家資格取得のためその湿度と気温がメッチャ高い中国へ行く予定。
湿度さえ低ければなんとか身体ももつのですが、80%近いとかなりダッシュ(走り出すさま)
でも勉強です。予習をしなくてはもうやだ〜(悲しい顔)


そして先日の成田 尚さんの作品展で購入した器。
丸い、四角、お皿は持っていましたがこのタイプは初めてだったため思わず購入。

1-2.3.JPG

片隅には木の葉柄が・・・ハートたち(複数ハート) ここが買い!のポイントでした。


そしてお湯のみも目

aono.JPG

背の高いお湯のみはお茶の香りも楽しめます。
中国茶では「聞香杯〜もんこうはい〜」という茶器になるのですが、日本茶でこのようなタイプは珍しいと思いました。

香りが強めの本山茶などにはいいかなハートたち(複数ハート)




posted by 塩谷香織 at 13:28| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 好きな器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

万耀自得窯 〜成田 尚さん展示会〜

静岡県の朝比奈という場所は知る人ぞ知る『玉露』の産地です。
街道から30分以上入ったところでそれほど標高の高くない山には玉露生産地特有の「棚がけの茶畑」が見えてきます。

その朝比奈で岡部玉露を飲むためにつくられた器があります。
成田 尚さんの「露茶器 つゆちゃき」です。
その成田さんの展示会が静岡市内で行われています。

先月のお茶サロンでは露茶器を使い、氷だし玉露でしたるんるん
お茶の色がとてもきれいに見える器で、ほんのり青白いような、うす〜い緑色のような色合いで手ざわりがやさしい茶器。
お客様からも好評でしたので一緒にPRもさせていただきました。

器は見るとほしくなるため展示会は行かないようにしていましたが、以前購入した物をわってしまったためやっぱり欲しくなりました。
手に取るとずっしりと重いのに透明感のある色合い、アンバランスのようで実はとてもマッチしている成田さんの器。
結局・・・というか、やはり購入してしまいましたわーい(嬉しい顔)

出張後、デジカメで撮影しようと思っています。
お楽しみに・・・!

   

    成田 尚さん 工房あさひな 展示会

日時 : 平成20年9月9日(火)〜21日(日)(15日(月)定休日
      AM10:00〜PM8:00 

場所 : やまぼうし
      静岡市葵区辰起町8−17
      TEL 054−271−1602
      駐車場 15台
posted by 塩谷香織 at 14:38| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 好きな器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

一祥庵さん 蔵のコンサート

岡部町にあります一祥庵さんの蔵のコンサート久しぶりに参加でするんるん

今月のコンサートは『三線と和太鼓』です。
とても迫力ある幕をバックに石田晃彦さんの三線、一弦一弦が力強く懐かしいようなまったりとした音色です。
生三線ははじめてぴかぴか(新しい)、目をつぶり聞いていると時のスピードが少しゆっくりになったような不思議な感じがします。
知っている曲は『島唄』しかありませんが目の前にして聞く三線はなつかしさを覚える音でした。

sansin.JPG
左が石田晃彦さん、お隣はコメントを下さるぱらぽんさんのご主人です。
ぱらぽんさんご主人も三線を弾かれるので飛び入り参加です。
石田さんが歌い、ぱらぽんさんご主人が演奏します。
若い石田さんの力強い音とはまた違ってぱらぽんさんご主人の音色は流れるような音。こちらもまたステキですハートたち(複数ハート)
ご病気されたとの事でしたが、驚くほどお元気になられています。


そしてもうひとつのお楽しみ、『太鼓』・・・という事で和太鼓ダイスキになりかけている親がさせているため子供を連れて行きました。
数曲歌われる中で私は一度も耳にしたことのない『オジー自慢のオリオンビール』という曲をひとりスラスラ一緒に歌っている祐希ダッシュ(走り出すさま)

「なんで知ってるの?」と聞くと
「なんでだろ? どっかで聞いたことがある。でも学校じゃない」という返事。

独特な歌いまわしのあるこの曲をどうして知っているんだろうexclamation&question 未だにナゾです失恋

そして麻機太鼓のみなさんによる和太鼓。

asahata.JPG

野外ならでは音の広がりにご近所さんも見に来られます。
いつもなら飽きてしまう祐希も食い入るように見ています。
麻機太鼓からは地元をはじめ、都心ライブや海外でのライブなどにも参加されている方々が飛び立っています。
そう遠くないところにあるため、小学生の教室などがあれば参加してほしいと思うのですが、祐希も少しテレがあるようでもじもじ・・・・ダッシュ(走り出すさま)
あまり無理じいさせても仕方ないのでここはいろいろなライブを見せて興味をもたせようexclamationと画策している母でした。


そして、一祥庵さんには時々陶芸家さんの器が並びます。
抹茶碗、湯のみ茶碗、銘々皿、小鉢などなど。
exclamation&question このお値段でいいのexclamationとびっくりしてしまいますが私としてはとってもありがたいお値段でまた今回も買って来てしまいました。

aka.JPG   ミニ茶.JPG

お茶サロンの銘々皿だけでなくちょっと飾りたくなる器たち黒ハート
あ〜・・・またキャビネットに入らなくなる・・・・あせあせ(飛び散る汗)
posted by 塩谷香織 at 14:49| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 好きな器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

静かな誕生日

明けましておめでとうございます。
本年も上足洗の店舗とネット店かつおぶし亭をよろしくお願いいたします。


お正月からすでに4日が経ちまして、残り少ない今日です。

さて今日はわたしの誕生日。
だからなに?!なのですが……はい、何もない一日でした。
お正月とはいえ、主婦にやる事は決まっています。
楽しみといえば学生時代の友人からの誕生日プレゼントだけでしょうか。
寂しいものです。

今日は好きな器で美味しい本山茶を一人で堪能しました。
普段、お茶をいれてあげる事はあっても自分のためにいれたりしないのでとてもゆっくりした時間でした。
さ、明日からまた仕事が始まります。
いつもお世話になる一祥庵さんでお茶会に誘われているため、楽しみです。
またそちらの様子は後日。
また明日からがんばります。よろしくお願いします!
posted by 塩谷香織 at 23:33| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 好きな器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

うれしいかわいい

ha.JPG

お茶会に来てくださるお客様からお土産をいただいちゃいましたハートたち(複数ハート)

ハートたち(複数ハート)わーい(嬉しい顔)織部だわぁー(長音記号2)ぴかぴか(新しい)

しかもお茶の葉exclamation&questionの菓子器exclamation&question 湯冷ましexclamation&question

何に使いましょう・・・今の季節なら栗の甘煮とかいいかもexclamation×2
下さった方自身も陶芸をされるので時々、ご自身の作品をプレゼントしていただいたりもしているのです。
陶芸・・・やりたい!と思いますが、多分素質がないと思いますふらふら

何を盛ろうかグッド(上向き矢印)なんて考えている時間もまた幸せな時間です。

Nさん、いつもありがとうございます。
posted by 塩谷香織 at 10:46| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

偶然の出会い

某デパートで器の展示会をしていた。
いつもならサラッと見流してくるものの、この展示会は目につく物がありのぞいてみました目


目についたのがこの茶器。 
最初は湯飲みを見つけた。
お茶の葉っぱが印象的な湯飲み、そして進むうちに茶器セットを見つけたハートたち(複数ハート)

手に取り触れてみると好きな感触。
手ざわりももちろんのこと、今まで使っていた茶器のイメージと全く違い
大ぶりな急須。
でもなんだかしっくりくる大きさ、そしてなによりやっぱり惚れた理由が
お茶の葉っぱのデザインー(長音記号1)
茶器なのにお急須にお茶の葉ってなかなか出会えなかった。
しかもこの茶器セット、一閑張りに入っている、そして茶たくもついている。

P1010377.JPG


「茶器を持って出かけよう!」

〜前田直紀さんの器と茶籠のコラボレーション〜

そうです!お茶は家の中だけで飲むだけのものではないのですわーい(嬉しい顔)
ぜひアウトドアでもお茶を楽しんでいただきたい!
そんなお茶の新しい提案を実現したコラボレーションの茶器ですexclamation×2

maeda.JPG

茶器
陶芸家  前田直紀氏(中央)
2001年  京都宇治  野嶋信夫氏に師事
2002年  藤枝に窯を構える

一閑張り
一閑張り作者 服部あきよし氏(右)
焼津市在住 古くなった竹籠などに和紙を張り、柿渋を塗って仕上げる。自由な発想で文字や絵をほどこし、生活アートとして提案している。

縫物屋 青陰悦子氏(左)
暮らしが楽しくなるようなものづくりを提案。近頃は出身地浜松の綿織物を活かした作品づくりに取り組んでいる。


posted by 塩谷香織 at 20:13| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 好きな器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絞りだし茶器「蒼心」〜内山智津子さん〜

UTI.JPG

昨年、川根にてお茶まつりが開催されました
それを記念し、絞りだし茶器「蒼心」が限定発売されました。
作者は内山智津子さん、焼津市出身。
以前、彼女の師匠である秋景陶房 加藤一房氏の窯の見学もさせていただきました。

内山さんと日本茶インストラクター土屋裕子さんのお二人で川根茶を美味しく淹れるにはどんなお急須がいいのだろう?と悩み、試ししながら出来上がった茶器セットです。


川根茶のために
形状の美しい茶葉の広がりとお茶の味わいを深めることを追求しました。
急須のような茶こしや注ぎ口がありませんので一滴を絞りきるように淹れられます


AS.JPG

2004年  第33回 長三賞陶業展 奨励賞
2005年  第67回 一水会陶芸部公募展 入選
2006年  第46回 日本クラフト展 入選

そして2006年4月、独立し、地元焼津に開窯

まだまだ若い期待の新人さんで彼女のイメージは「まっすぐ」
これからもっともっと多くの場に作品を広げていって欲しいと思います。
posted by 塩谷香織 at 15:26| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

好きな陶器

??〓??¢??.JPG〓±??¢??.JPG
ご近所のNさんから頂きました。
Nさんの手づくりの器ですがく〜(落胆した顔)ハートたち(複数ハート)
彼女は焼き物がとても好きでご自宅にも大きな壺があったり、ステキな器をご自身で作られるそうです。

わたしもねぇ、好きなんですけど〚やってみなさい〛って言われると
無理です・・・。

彼女いわく、「蓋が不安定なんです」だそうですが、見ため全然
わかりませんから問題なしexclamation×2ですハートたち(複数ハート)

HYOUMEI.JPG
器を買うとき、つい好みのものばかりになってしまいますが
毎回このざらざら感が好きで素焼きっぽさが残る器になりがちですが
いただいた壺はまさにわたし好みー(長音記号2)

早速、今月のお茶会に使わせていただきます家
お茶缶から出すよりも雰囲気があっていいかも・・・ハートたち(複数ハート)

Nさん、ステキな器をありがとうございました
posted by 塩谷香織 at 15:38| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 好きな器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

用途に応じた携帯茶器

毎日PCばかりで目がショボショボ・・・・たらーっ(汗)
も、文字がハッキリ見えないあせあせ(飛び散る汗) これってかなりヤバイと思います。

そんな時、思い出しました!

中国茶です。
中国茶は好きでサロンへ出かけたり、資格取得のために中国へ出かけた時に市場へ買いに
出かけたりと買い込んであった茶葉があった。

いつもは月のお茶会で出したりしてみなさんにも飲んでいただいていました。
先日も静岡市駿河区にある「谷薬局」さんで台湾の高山茶のおみやげをいただいたばかり。
そして目の疲れに効果がある「菊の花」と神経の疲れに効果がある「ハスの実」を買ってきました。

早速、先月お茶まつりで買ってきた携帯茶器に

1  茶葉
2  ハスの実
3  菊の花


を入れてずっと飲んでいるところです。
中国茶は何回も飲めるため、すでに2杯目。
1杯は360ccかな。

??±.JPG
これは今朝、淹れていたお茶の様子です。


??????〓.JPG
昨夜もお茶を少しずつ飲んでいました。
漢方でも知られるクコの実や龍眼やナツメや氷砂糖などを入れる「八宝茶」というお茶もありますね。

わたしのお茶は効果集中型のお茶でするんるん
この携帯茶器、もちろん日本茶も決定です。
茶葉が出てこないように
nakami.JPG
脱着できる茶こしがついています。
とっても便利ですよ!

しばらくはこの携帯茶器でお茶を飲みま〜すー(長音記号1)



谷薬局さん

静岡市駿河区馬渕四丁目14-8
054-285-6071
9:00〜18:30
日曜・祝日はお休みです





posted by 塩谷香織 at 10:34| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 好きな器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。