いただいたコメント
京都へ! by 塩谷香織 (11/29)
京都へ! by かんちゃん (11/15)
静岡市葵区 瑞龍寺 by 塩谷香織 (11/05)
韓国 仁川 アジア大会 by 塩谷香織 (11/05)
静岡市葵区 瑞龍寺 by ゆうゆ (10/28)
新着記事

2013年02月13日

しいたけ栽培

コメントをいただくゆうゆさんオススメのしいたけ栽培キット

最初はおもしろそう・・・だけでしたが、実は12月初旬に母がサクラエビを食べて

一時間後、アナフィラキシーショックを起こしましてバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

死にかけた・・・という状況までいきましたが、無事生還といいますか戻ってきたは

いいのですが、次はないとのことですがく〜(落胆した顔)

二度目はショック症状が強く出るため確実に・・・と言われてしまいましたたらーっ(汗)


アレルギー体質ではなかったはずですが、甲殻類アレルギーがあったらしく

そういわれてみればエビ・カニを食べると目がかゆくなる、腫れる程度は自覚症状も

ありましたがとくに気にせず食べていました。

が、その日は新鮮サクラエビをいただき食べてすぐ顔が腫れ目が膨れ痒みも伴い

ろれつが回らなくなったため救急へ行く途中で痺れが来たため結局救急車のお世話にたらーっ(汗)

でも点滴をして4時間後には自宅へ戻ることができました。

そんなわけで現在エビ・カニ類はもちろんエキスもダメなので惣菜、外食、市販の商品は

裏の表示を全部チェックして買い物をしています。

エビカニの殻はエキスにもなるため意外にあちこちに含まれています。

主婦は自分が食べられなくても食事の支度をしなければならないため作るのが面倒に

なってしまった母に作る楽しみを与えるためにもプレゼントしたものが

このしいたけ栽培キットなのですかわいい

育てながら自分で調理して食べる楽しみが味わえるとってもいいキット!

全部揃っているため自分ですることはお水をあげるだけ手(チョキ)

ちなみにわが家でも育ててましてこんな感じるんるん

出てきてすぐ↓
si1-1.png

1.2日後↓
si-1.png

角度を変えてみると・・・↓
si-2.jpg

これを昼間見る時間がなくて就寝時、携帯のライトで一人見て話しかけている私に

先に寝ていた主人が「独り言は怖いからやめてくれ」だそうですあせあせ(飛び散る汗)

でも思わず話しかけちゃうんですよねぇ黒ハート

いい子ねぇ〜ムード  もっと大きくなぁれるんるんと。

そろそろ間引いてあげないと全部が大きく成長しないそうです。どの子もかわいいため

どれを間引くか、悩むところですハートたち(複数ハート)

ゆうゆさん、いつも美味しそうなお料理と楽しいものを見つけてくれてありがとう黒ハート

年末アナフィラキシーショックで痛ましい死亡事故がありました。人ごとだと思って

いましたが、身内で一人でもいると食事には気を使います。

エビカニを調理したまな板も一度消毒しなければ他の食材も使えない、これが毎食となると

世帯が別の私も心配、本人は一番怖いでしょう。

少しでも母達の食事メニューが広がるといいですが、まだ手探り状態です。

母は毎日このしいたけを眺めながらいつ食べられるかを楽しみにしていますかわいい
posted by 塩谷香織 at 14:31| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

コスモス畑

cosmos.png

「そろそろじゃない?」>

いつも母に言われないと忘れていますが、辺り一面コスモス畑があります。

新聞やニュースなどでも流れるいつもの場所に今年も一面コスモスがキレイに

咲いています黒ハート

風が吹くとゆっくり揺れながらユラユラしているコスモスを見て一息。

また仕事に戻ります。 昨夜の雨でうなだれていないといいんですけれど・・・。
posted by 塩谷香織 at 12:31| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

いま流行りの新大久保へバス

毎日の食事、どうしても味付けは『アジア』が好きなので自宅には中国、韓国、タイなどの

調味料が並んでいますが、もう少し本格的な調味料が欲しい!ということで学生時代からの

友人たちと「新大久保バスツアー」へ。

グッズとコスメの町、新大久保へはよく行くのですがもっぱら市場ばかりでしたが今回は

友人につき合い、コスメも見学。 右も左もグッズとコスメのお店ばかりがく〜(落胆した顔)

新大久保たっぷり5時間だったので早々に食事も軽く済ませ、お腹がすけば屋台で韓国のおやつ

ホットクやトッポキの買い食い、コスメのBBクリームも購入で楽しい5時間。

sin-1.png

行く度にこのお店のホットクを買い、熱々で食べまするんるん 美味しいですよぉ!


そしてありきたりですが、お土産にも便利でつまみにもサイコーな韓国海苔がメインだった私。

地元の半値、お弁当にこれをひとつ入れておくだけでご飯一合食べてくる息子や主人のおつまみ、

友人達ともまとめて2箱発送! 女性らしく悩んだりと買い物に時間をかけない私のいつもの買い方で

「さっすが男買い!」と友人から褒め言葉にもならない声をかけてもらった荷物。

でも楽しい一日でした。お店めぐりして買い物したら買った商品よりオマケが多かった・・・。

さすがオマケの国、韓国!!!! いつか行きたい国です。

shi-2.png

荷物を見た主人、私がこれだけ買ってきたと思い呆れられましたダッシュ(走り出すさま)




posted by 塩谷香織 at 16:08| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

眺望

静岡の海側の日本平頂上にある『日本平ホテル』本日オープンです。

母、姉妹ですばらしい眺望の清水区海側を予約!

というわけで母を送りがてらちゃっかりお部屋まで入ってしまい、一枚カメラ

nihondaira.png

夜景がとっても素晴らしいお部屋、窓が前面夜景、朝はきれいな海と富士山が

見られることでしょう・・・お天気によりますがたらーっ(汗)

お部屋もゴージャスですが、景色が素晴らしい!いいなぁるんるん
posted by 塩谷香織 at 19:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

お盆休みはツタンカーメン展へ

お盆休みはない店舗、その代わりに一日だけお休みをもらいました

行って来たのはココ

tutan-1.jpg

なぜか昔からエジプトの歴史には興味があり、特に遺跡・装飾品は趣味の

アートクレイシルバーのデザインにも取り入れたりぴかぴか(新しい)

開館前に早めに並んだためすんなり入場することができましたが大阪はじめ

東京:上野の森美術館もかなりの混雑でした。

感想は・・・それはそれは素晴らしいexclamationのひとことに尽きますね。

3300年前の品々とは思えない程、見事な装飾品の配色。

当時にこれだけの技術を駆使した物が出来ていたことに驚きます。

「強い女性」の象徴として上げられるツタンカーメンの義母である

ネフェルティティ、不思議とこの人の生き方には興味があり、そこから

始まったエジプト好きかわいい  有名な胸像はドイツ:ベルリン博物館に所蔵。

220px-Nofretete_Neues_Museum.jpg

単なる歴史遺産ではなく、足を運ぶ価値のあるとても貴重な展示会です。

おそらく自分が生きている間には見られることのない副葬品、180点近くが間近に

見られる展示会です。 近ければもう一度行きたいくらい!



そして東京まで来たならば・・・とほんの少し足をのばし、本場の韓国料理を食べに

新大久保へ電車

yakiniku.jpg

特にランチコースでもないただのサムギョプサルだけでこれだけの量!

チヂミもわーい(嬉しい顔)と注文したら鉄板の内側ほどの大盛り盛りもうやだ〜(悲しい顔)

小皿にキムチ類などの箸休めがいっぱいるんるん  少しずつだけどなぜかテンションあがります!



私のツタンカーメン展に付き合ってもらったため、次は息子のカードゲームに

つき合わされアキバへ・・・もうやだ〜(悲しい顔)

まぁ・・・ここは、本当に・・・、なんと言いますか・・・特別なとこですがく〜(落胆した顔)

あっという間の一日、二人してドップリ疲れて帰宅した夏休みでした。

不安定なお天気が続いています。体調を崩しがちですので皆様ご自愛くださいませかわいい
posted by 塩谷香織 at 14:39| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

週末はオリンピック

連日ニュース、新聞などで大きく報道されているロンドンオリンピック。

金メダルを期待される県内選手達の特集が多い中、7月22日(日)の

静岡新聞(1)ページにカヌー・スプリント出場の大村朱澄選手(あすみ)の記事が

ありました。

私も学生時代からマネージャーで所属している静岡県カヌー協会からの日本代表選手です。

上二人の兄弟の影響、父でありコーチである影響、川根本町という恵まれた環境も

あって彼女のそばにはいつもカヌーの船がありました。

小学生で全国3位、国体も2冠を果たし、今回オリンピックの代表に選ばれました。

小さいと思っていたのにあっという間に大学生になり、小柄だった体系もバネのある

体格になり、しばらく前線から離れていたため驚きました。


恵まれた場所でアジア人としては珍しい瞬発力と持続力を持つ彼女が世界で

どこまで羽ばたけるか、楽しみです。

カヌーはマイナーな競技、でもなぜか私も長いことお世話になりました。

体育会系のオールマイティーな考え方や元気をもらったカヌー。

選手ではなく静岡国体でも事務局だった私はなぜ続けて来れたのだろう?

それはカヌー協会の役員だったり、会長・理事長だったり、仲間だったり。

そんな仲間の応援もあり、日本時間8月7日夜にカヤックペア500予選、

順位はともかく悔いのない漕ぎをしてきてもらいたい!

朱澄ちゃん、頑張れ!

thumb.jpg


posted by 塩谷香織 at 13:54| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

日本茶だけでなく・・・

COF-1.JPG

コーヒーもたまには飲みます喫茶店

でも今まではあえて豆を買いドリップしてまで飲む事はしませんでしたが

かんちゃんさんからいただいたコーヒーで入れ出したらハマりましたわーい(嬉しい顔)

インスタントコーヒーで満足していた私ですが、やはり豆で入れると違うんだがく〜(落胆した顔)

とあらためて思いました。

お茶も同じ、ペットボトル世代の子供達にリーフで飲ませてあげると

やはり「おいしい!」という言葉が多く聞かれます。

ほんの少しの手間を惜しまずに入れたものがお茶であれ、コーヒーであれ

紅茶であれ、やはり美味しいかわいいという言葉は出てきますね!

かんちゃん(さんをつけないと抵抗ありますたらーっ(汗))、いつもありがとうございます!!

週末の朝はいつもゆっくり自分のためだけにいれてます黒ハート
posted by 塩谷香織 at 13:50| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

扇子

SENSU.JPG

台風台風、スゴイことになっています。

みなさまのところではいかがですか?

市内は昨夜から土砂災害情報が山間地で発生し、携帯も情報アラームが鳴っています。

くねくねと曲がりこのまま太平洋側へ抜けてくれるといいのですが・・・たらーっ(汗)



雨でもむし暑いため、扇風機は欠かせません。

パソコン前にいる私に欠かせないもの、それは・・・扇子です。

外出先でも持ち歩きますが、扇風機だけでは足りない時に便利exclamation×2

白地・ピンクは日本製、紺地は中国製。

日本製は桜とホタル、中国製はなんのお花でしょう?

どちらの柄もそれぞれ好きなのですが、生地がまったく違います。

やはり竹・紙が一番やさしい風が来ます。

うちわも今ではプラスチック製が多いのですが、先日久しぶりに昔ながらの

竹と和紙のものをいただきましたが、あの『しなり』が風の違いかな?

外出先では欠かせないアイテム、今年は特にですねexclamation×2

ちなみに・・・現地価格:中国製は日本製の1/10がく〜(落胆した顔)

ハートたち(複数ハート)1?○円也ハートたち(複数ハート)  でも壊れたりしませんよるんるん
posted by 塩谷香織 at 13:10| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

インセンス TEA

tea-k.JPG

芳香剤、香水、お花の強い香りは偏頭痛持ちには苦手です。

基本的にはすべて苦手よりダメに近い。でも珍しく決定なのが↑コレ。

普通のお香ではダメなのですが、この商品だけはいいのです。

天然のオイルを調合して、香りをデザインしながら作られ
アロマの原料なども配合されているので、リラックス効果もあり
石炭を使わないので、人的に害が少なく、心地よい香りを提案しています


某俳優さんがディレクトしているSHOPからサンプルをいただき、ダメもとで

焚いてみたところ、揺らぐ煙と香りに包まれる心地いい。

サッパリ系やムスク系、柑橘系などバラエティーも豊富。

その中にあったのです。これが・・・。

tea-ku.JPG

ん〜・・・・『お茶!』ではないもののピリッと刺激のある青々しい香りかな。

でも原料に凝っているためそこら辺で買うお香とはまったく違います。

お香は香りが広がって初めて好きか、キライかわかるため説明が難しいあせあせ(飛び散る汗)

ちょっとリラックスしたい時はいいインセンスタイムです猫
posted by 塩谷香織 at 07:00| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

茶殻のつまみ

DVC00018.JPG

毎朝の水筒で大量に出る今話題の深むし茶。

部活のある日は1リットルポットですし、家族分の茶殻を合わせると4回分ほど。

そのままゴミではもったいないexclamationと今朝は茶殻のつまみを作ってみました。

アルコールがダメなので本当につまみになるかはわかりませんが、箸休めにはなります。

今夜は会社でお茶サロンのため、帰宅時間が遅い息子もゆっくり食べられるようお鍋の予定。

〆はおじやにするのでその時の箸休めにさっそく食べてもらう事にしまするんるん



かわいいお茶殻つまみかわいい

材 料
・茶殻、醤油、みりん (どれも適量)

作り方
・油分を流したフライパンを使用します。
 フライパンへ茶殻をそのまま投入、中弱火、菜箸で焦げないように炒め水分を飛ばす。

・フライパンにこびりつくようになったら弱火でさらに炒ります。

・水分が抜けてきたら醤油、みりんを入れ、炒りつけます。

できあがりです。 10分もかかりません。
ポイント:パサパサはおいしくありません。多少水分があっても決定

お茶に含まれるカテキンは熱湯で抽出されるため、上記の茶殻では多少苦味がありますが
苦味と醤油の味で個人的には苦味は気になりません。
苦味を取りたい場合は、熱湯で2分置いてから取った茶殻をお使いください。
熱湯で抽出することで苦味成分:カテキンを出し、茶殻に残さないようにします。

posted by 塩谷香織 at 13:20| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

お茶を使ったお菓子のご紹介!

お茶を使ったスイーツがずいぶん多くなってきました。

日本茶インストラクター協会主催の「お茶クッキング」へ行ってきました。

今回は和菓子〈春のおとずれ〉 と 洋菓子〈緑茶のパウンドケーキ〉です。

和菓子はなかなか一般的でないので洋菓子のパウンドケーキをご紹介!

和菓子は出来上がりだけ・・・ま、まぁなにしろ素人づくりですから美人ではないのも

ご愛敬黒ハート みんなでがんばりましたハートたち(複数ハート)

DVC00028.JPG



○緑茶のパウンドケーキ

材料 (パウンド型1コ分)

 薄力粉    100g        ベーキングパウダー     小さじ1
 砂 糖    100g        卵           2コ
 バター    100g        煎茶          大さじ1

作り方
(下準備)  バターは室温で戻す・・・指が入るくらいまでやわらかく
       粉類は合わせて2.3回 ふるいにかけておく

(1) バターを泡立て器でまぜ、砂糖を2度に分けて加え、白くなめらかになるまで
    まぜる


(2) 卵を溶き、(1)へ4〜5回にわけて混ぜながら加える   
    
(3) 白くもったりしてきたら粉類と煎茶を2回くらいに分けて混ぜ、型に入れる
    余熱200度で6分半おき、焼き温度は170度で25分。
    ※竹串で刺し、生地がついてこなかったらOKです!

おおまかにはこんな感じ。

煎茶や紅茶のシフォンは焼きますが、パウンドケーキは久しぶりダッシュ(走り出すさま)

でもなかなか上手にできました手(チョキ)

DVC00016.JPG

posted by 塩谷香織 at 08:00| 静岡 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

トリノ・エジプト展

毎日蒸しますねぇ・・・もうやだ〜(悲しい顔)  頭痛持ちの私にはつらい季節です。
4月に骨折した足もリハビリ中ですがこの季節しびれたり、重かったり、ちくちくと痛かったりと症状もさまざま。
時間をかけて治していくしかありませんね。

さて静岡県立美術館にて6月12日〜8月22日まで
ANCIEN EGYPT in TORINO〜トリノ・エジプト展〜
が行われています。
特別歴史物が好きというわけではありませんがなぜかエジプト物は好き。
昨年東京で観てきましたが地元でもう一度exclamationと母を連れて行ってきました。

母は京都はじめ美術館も日本の歴史物には興味があるので以前の鑑真和上展の時にも積極的に行ったのですが、海外の展示物には興味がないためこれだけの素晴らしい展示物に関心ない様子。

でも実際にはかなりスンバラな展示物が多いのです。
メーンの展示物はなんといっても
『アメン神とツタンカーメン王の像』です。

SIZUOKA-1.JPG


消された王「ツタンカーメン」と消されなければならなかった発端となったアメン神像。
発見された歴史的な像というより、つい最近出来たばかりであるかのような美しさです。
ここのブースは周囲を見て回れるようになっていて、そこかしこに歴史が刻み込まれています。
台座の上に乗っているその白い大きな像と照明の美術的感性をくすぐる演出方法が素晴らしい。
「消された王」の証拠も鮮明にみられ、二度目にして「そうか!」と改めてわかる部分も多くあります。
この展示物、静岡県立美術館がラスト会場のため、車も県外がかなり多いあせあせ(飛び散る汗)
門外不出だったためこの機会が次にあるのかは不明。

そんなこの展示会でよく目についたのは子供連れの家族。
歴史的背景まではまだ勉強していない子供たちも目をこらしてツタンカーメンを見上げていました。

今でこそ多くの工具がありますが古代エジプト時代に石棺や彫像物をあれだけなめらかに美しく仕上げる技術があったのかと多くの面で驚かされる作品ばかり。
また古代エジプトでは、多くの子供が成人になる前に命を失ったため、親は子供の死を悲しみ、美しく埋葬した。
表のマスクのロータスの帯状冠から女の子と推測されるミイラもまた、豊かに装飾が施され、顔はオシリス神を象徴するように金色に塗られているものもあり、いつの時代も親子・家族の絆は今と変わらない。


KARU.JPG


○十年前に作った私の名前のカルトゥーシュです。
彫像や石棺、そしてメーンの王の像にもツタンカーメンの名を削り次の王のヒエログリフがみられます。

私一人エジプトを満喫して駐車場まで歩いてくる道で大きなカタツムリを発見exclamation

katatumuri.JPG


かたつむりを見かけることが久しぶりのため、道沿いで二人して座り込み閉じこもったかたつむりがまた目を出すまでしばらく眺めていました。
静岡県立美術館と静岡県立大学は隣接し、自然観察のための木々や薬草園などもあり自然がいっぱい。かたつむりがいても不思議はない場所。

週末は駐車場がすごい事になりますので早めにご覧になることをオススメします。
私ももう一度、観に行く予定。


2010年6月12日(土)〜8月22日(日)
会場 静岡県立美術館
〒422-8002 静岡市駿河区谷田53-2
電話 054-263-5755
開館時間 午前10時〜午後5時30分 (毎週土曜日は午後8時まで夜間開館)
※ 入館はそれぞれ閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日 (但し、7月19日(月・祝)は開館、振替で7月20日(火)休館)
主催 静岡県立美術館、朝日新聞社、東映、テレビ静岡、フジテレビジョン ロゴ:イタリア2009
出品協力 トリノ・古代エジプト博物館財団
posted by 塩谷香織 at 10:37| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

水出し茶でのどごしスッキリ!

houjikuki.JPG



本日の静岡は朝から・・・いや昨夜からムシ暑かったです!
寝苦しかった夜でした。


それでも今日は梅雨の晴れ間、明日もカラカラ晴れ晴れのようです。
洗濯日和となることか?

いよいよ夏突入るんるんのようですので こんなムシ暑い日にはコチラ↑がオススメかわいい

1リットル耐熱ポットに大さじ5杯くらいの『浅炒りほうじくき茶』とお水で冷蔵庫で2時間ほどで香りの良い冷たいほうじ茶ができあがり!


OHK-1.jpg



お子さんの水筒茶として、携帯ボトルのお茶としても色変わりや香りが落ちることなくお飲みいただけるため、毎年多くのファンにご愛飲されています。



「夏」といえば炭酸水やアイスコーヒーもいいですが、サッパリ水出しやサッパリ冷茶ものどごしスッキリで良いですよ手(チョキ)
posted by 塩谷香織 at 12:57| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

べにふうきががんばる季節

そろそろかなぁ?と思っていた花粉も先週頃から反応が出てきたようです。
工場へ数百キロの磐田産のべにふうきが入荷するため、店頭用にわけてもらっています。
一切加工せず、製造されたままの状態のリーフとより抽出しやすくこまかく裁断したリーフ、面倒の要らないティーパック加工をしたリーフの三種類を販売しています。

   リーフ(大)・・・・・・・80g  950円 
  リーフ(小)・・・・・・・70g  900円
  ティーパック・・・・3g×15袋  840円


花粉症でない私は鼻がズルズル、目がクシュクシュのつらさがわからないので飲んでもあまりコレ!という感想がないのです。
でも花粉症のパートさんには効果があるらしく実験体になってもらっています。
自宅でも抽出したべにふうきを飲んでいるようですが、寝起きに一杯、出勤してまず一杯、お昼休みまでに一杯、食後に一杯、3時に一杯、そして夕食後に一杯の計6杯は最低飲むようにしているそうですがこれで日中はほとんどくしゃみ・鼻水は起こらないそうです。
気温が高い日は多少目のかゆみも感じるようですが、くしゃみ・鼻水に悩まされないだけ体がラクなのだとか。
薬に頼りたくないため、飲んで予防できるのならということで飲み始めて3年ですが、毎年少しずつ軽くなっているようだと毎年言っています。

昨年も書きましたが、主人もかなりひどい花粉症でしたがべにふうきを毎日持たせていますが、やはり同じように少しずつ軽くなってきているようだと言います。
確かに毎朝のくしゃみ連発がほとんどなくなったような気がします。

薬ではないため必ずしも効果が期待できるばかりではないかもしれませんが、店頭では人気のある商品ですexclamation×2

posted by 塩谷香織 at 11:07| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

紅葉には早いけれど秋の散歩 〜京都〜

JRのCMで有名な「京都の紅葉」、にはまだまだ早いのですが 行かれる時に旅に出ないとるんるん
というわけで京都へ・・・新幹線

毎年この10月・11月に場所を決め行くようにしています。
紅葉時期は仕事で追われてしまうため少し早い秋を散歩しに・・・。
今回は嵐山・嵯峨野へ。
多くの神社仏閣がある嵐山・嵯峨野、全部を見ることは無理ですが数ヶ所どうしても行きたいところがあるのでその周辺を散策です。
このスポットはとにかく歩く、歩く猫
入ってきた場所は下の通り。
画像はクリックすると大きくなります。

天龍寺.JPG
天龍寺
広い庭と直径9mの雲龍図が有名、この龍がまた素晴らしい!
世界文化遺産に登録されている。


直指庵
秋明菊がきれいに咲いていました。


常寂光寺.JPG
常寂光寺(じょうじゃっこうじ)
青々とした苔はふんわりやわらかく、石段を上がると市街が見え、うっすら紅葉していました。


落柿舎(らくししゃ)
松尾芭蕉も三度訪れ、『嵯峨日記』もここで執筆。いまは懐かしい土間のある台所や句を読んだ部屋が残されている。
「投句箱」なるものがあり芭蕉を真似て一句よむのも一興。


祇王寺.JPG
祇王寺(ぎおうじ)
山深い小さなお寺、平清盛と祇王・仏御前の悲しい物語は有名。
一番行きたかったお寺です。小倉山麓に竹と楓に囲まれたささやかな草庵。とても静かでともするとさみしくも感じますが日本の素晴らしさを感じることができます。

滝口寺(たきぐちでら)
平家物語にも出てくる滝口入道と横笛の悲恋の寺。
うっそうとした小道を通り祇王寺のすぐ上にある。
参拝受付では親切なおばちゃんが悲恋の話をしてくれる。
その時代は結ばれなかった二人、今は木造が仲良く並んでいる。


悟りの窓.JPG 迷いの窓.JPG
源光庵
悟りの窓(丸窓)と迷いの窓(角窓)が有名。また鳥居元忠が伏見城にて自刄した時残された手・足の痕が残る「血天井」が廊下・本殿天井に祭られている。当時の侍たちの手足の大きさがハッキリ残る。

野宮神社.JPG
野宮神社
行きたかった神社のひとつ。普通のデジカメなのでなんのフィルターもしていませんがこれは自然の緑色です。
あいにく観光客で溢れていましたが平日の野宮神社は静かだそうです。
誰もいない静かな野宮神社で物思いにふけるもよし。


竹林.JPG
嵯峨野といえば・・・竹林。
間引きされ手入れのされた竹林はマイナスイオンたっぷりでしたぴかぴか(新しい)

昼食はご結婚前の秋篠宮ご夫妻が来られたというお蕎麦屋さんで。
やはり関東に近い静岡とはまた違った蕎麦とうどんです。
静岡でいう『釜揚げうどん』のようなものでネーミングは『桶○○』だったような・・・。
食べたら忘れてしまいましたたらーっ(汗)

京都は修学旅行で来た場所ですが、やはり当時と今とでは感じ方が違うようです。
古いお寺の歴史を聞きながら縁側や土間に座るとつい物思いにふけりたくなる、凡人のわたしには見えない何かが仏門で修行する僧侶達には見えるのだろうか。
ただ考えるのではなく、葉が一枚落ちる瞬間を見る幸せや晴耕雨読を幸せと感じる心のゆとりを見直すひとときを持つことができる京都となり、リセット・リスタートの旅でしたハートたち(複数ハート)

次回の予定は最後の楽しみにとっておいた「宇治」です。
posted by 塩谷香織 at 15:51| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

MY箸ですわーい(嬉しい顔) 

HASI.JPG

でもまだ未使用。
ずいぶん前にイベントで作った箸ですが、使う機会がありませんでした。
ひきだしの奥底に入り込んでいたのでせっかくだから自宅使いにしようと引っぱり出したところです。
子供と出かけた先で一緒に作ったのですが、もともとはただの角材。
それをヤスリで削り落としながら、なおかつ形を整え細くしていきます。
その場ではかなり削り使いやすいようにはしたつもりですが、毎食時に使えるかと言われると・・・太いですダッシュ(走り出すさま)
もう少し細くしとけば良かったですあせあせ(飛び散る汗)
posted by 塩谷香織 at 12:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

「東京の日本茶カフェ」かなざわゆうさん

ブログにコメントをくださるかなざわゆうさんが本を出版されました。

「東京の日本茶カフェ」

cafe.jpg

多くのお茶カフェを紹介する本はあると思いますが、日本茶インストラクターさんが出される本というのは、的確に知りたい情報があり、地方から来る方にもわかり、またお茶好きが集まりそうなポイントを抑えてあるというしっかりと的を得たものだと思いました。

わたしも年に数回、東京へ行くのですがお客さんとの待ち合わせ時間いっぱいだったり、場所が違ったりとなかなか行かれないのです。
だからこそ数ある日本茶カフェの中で行きたいところを絞りたい!のです。
そんな時にこの一冊、ひとつのお店を1ページから3ページ紹介されていて、店内の風景、スイーツやお茶のご紹介が細かくされています。
わたしたちだから目につくものやおいしそうなお茶請けが万歳の本です。
ぜひ手にとってみてください! 

かなざわゆうさんのブログ「マニアな お茶時間」でも紹介されています。
posted by 塩谷香織 at 10:17| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

B型の説明書

article_210_93517_Image1_176_176.jpg

社内で回し読みしています。
「わたしも持ってる!」とパートさんが「O型の説明書」を持ってきました。
お昼休みにそちらも回し読み。買いなさい!ってば爆弾


B型、自分の説明書より

突然何かしでかす
集団行動の中で1人だけフラフラ散歩したりする
くだらないことに一生懸命
ボケ〜としていても頭の中ではものすごい速さで動いている
語りぐさになる「ありえない実話」の持ち主
欠点を指摘されると一応悩んでみるが直す気はサラサラない
部屋には自分しか理解できない趣味のものが必ずある
地味でめんどくさい作業を楽しめる
筆記試験の時、見直しするけどそのうち飽きる
道で野良猫やハトを見るとうずうずしてくる、そのうち「わぁ!」って追っかける
夜中に突然部屋の模様替えをする
要らないものも持ち歩くため、いつもかばんが重い
説明書を読まずともたいがいのことはできる
でもわからなくなると説明書を徹底して読む


これはほんの一部ですが、あまりにもB型そのまんまのためあげてみました。
あ・・・わたしもB型です。典型的かもしれません。
母は「人間がこれだけいるのにたかが4種類に分けられるはずが無い!」と言いながらこの本を買いました。
ちなみに母もB型です黒ハート
posted by 塩谷香織 at 13:51| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

和菓子の本を探していました

先日、お気に入りの劇団公演を観に東京へ行ってきました。
そのホールは大きな書店の中にあり、6階まですべて本・本・本。
地元書店でも扱っていたのかもしれませんが、新しい書籍でないため取り寄せになるかもと思い、探してみました。
これだけの書店ならあるだろうと・・・本

仕事がら『和菓子』を見たり、買ったりする機会があるのですがいまいち詳しくない。
おまけに和菓子は実は苦手だったりするのです。
お煎茶を習っていたこともありましたが、毎週食べる和菓子が苦手で辞めたくらいですからたらーっ(汗)

季節の和菓子って? 形はどんなものがあるの? 原料は何?など知りたいことは山積みです。
そんな時に参考にできる和菓子の本はないかしらexclamation&questionと気になっていました。
そして出会ったのがこの本。

spai.JPG

先日、お世話になる相川香さんのお茶サロンでも見せていただいた本です。和菓子作りの様子はコチラ
季節に応じたお茶菓子や菓子の銘などなど多くの情報もあります。
知らなかった和菓子の世界が広がりそうな一冊を見つけることができましたハートたち(複数ハート)
posted by 塩谷香織 at 15:27| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

暑い日の冷抹茶

昨日も暑かったのですが、今日も日差しがキツイ静岡市内。
日曜日はあまりの暑さに外へ出るのもしんどかったため、ずっと家にこもっていました。
お休みの日くらい、1人での〜んびりしたいことをして・・・と毎回思うのですが、主婦の日曜日は意外にやることたくさんですたらーっ(汗)

ひと汗かいて家事が終わり、ヒマそうにしている子供とちょっとティータイムでするんるん
冷たいものをがぶ飲みしたいところですが、ここはキリッと身体が喜ぶ『冷抹茶』にしてみました。

1563.JPG

湯を使う抹茶でもいいのですが、器もキンキンに冷やしておいて氷水を使った冷抹茶は渋味も感じません。
「アレ? この抹茶渋くないね」
とずっとすすっている祐希です。

作り方
1 氷水を作る。

2 抹茶を椀に入れ(お好み)、氷水を小さじ一杯入れ 茶せんで水練りをする
   ダマにならないようにしっかり練る

3 お好みの分量の氷水を入れ点てる

水で点てるため泡は少なめですが、旨み成分しか抽出されないため甘み・旨みが十分味わえます。

お抹茶の作法はくわしく知りませんし、器を冷やすのは邪道かもしれません。
でも子供にまずは『お茶』を好きになってもらうことから始めるきっかけは何でもいいと思います。
型にはまらなくてもとにかく馴染んでもらうことが一番手(チョキ)

こうして私とお茶を飲んでくれるのも今だけですよね。
そのうちお母さんと遊んでくれなくなりますもの・・・少しさみしいたらーっ(汗)
posted by 塩谷香織 at 14:22| 静岡 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | オススメ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。