いただいたコメント
京都へ! by 塩谷香織 (11/29)
京都へ! by かんちゃん (11/15)
静岡市葵区 瑞龍寺 by 塩谷香織 (11/05)
韓国 仁川 アジア大会 by 塩谷香織 (11/05)
静岡市葵区 瑞龍寺 by ゆうゆ (10/28)
新着記事

2014年10月25日

静岡市葵区 瑞龍寺

徳川家康公とゆかりのある瑞龍寺のご住職さんとひょんな事でお知り合い・・・

瑞龍寺所蔵の豊臣秀吉公の妹:旭姫の小袖とお膳を見せていただきに

行ってきました。

一具.png

豊臣秀吉の家紋がそこかしこに・・・時代を感じます!

当然のことながら当時からのものです。

DSC_0018.JPG

この小袖、現在の大河ドラマの衣裳と比較するとまったく質素なもの。

こそで.pngこそで.png

でも家紋の刺繍は現代のミシンも顔負けなほど精密に施されている。

うまい表現ができないが、張子さんがひと針ひと針丁寧に仕立てた様子がうかがえる。


※普段はケースの展示をしていますが、今回は特別に出していただきました。
たまたま歴史本に興味を持ち、その本(古本)をお貸しする交換条件で特別に
開けてくださいました。

posted by 塩谷香織 at 13:50| 静岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
刺繍、すごいですね。
本当にひと針ひと針・・・
どれだけの時間がかかったことか。

今から息子の体育大会に着る体操服に
ゼッケンをつけます。
こんなのでめんどうがってちゃいけないですねぇ(汗)
Posted by ゆうゆ at 2014年10月28日 11:31
ゆうゆさん
ご無沙汰しています! 
もちろんすべてお針子さんの仕事ですが機械のない時代とは思えないほどとても丁寧に施されていました。 ビックリです!

我が家も学校のシャツのボタンが取れかかっていて、久しぶりに針箱を出しましたがつくづく激しく同感です・・・(つд⊂)
Posted by 塩谷香織 at 2014年11月05日 10:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407727053
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック